暗礁より

拍手返信や日記 たまに制作物の進捗報告や告知

今日

なんか日記を書こうと思ったんですけど別に今日仕事の絵描いてただけだから日記に書くようなことない…。

あっ強いて言えばさっきサイトを更新しました。ロゴとかデザインとか追加しましたよ〜。

 

仕方ないからインターネット話題にでも言及しようかな。感想いるいらない論争とかどうですか?

感想いるいらない、何度もインターネット論争になってるけどいつでもまた話題になりますね。個人的には以前はメールで行われていたり手紙で行われていたりで見えなかった感想が来てる来ないというものがSNSの発達に伴い匿名ツールだったり直接の言及だったり会話だったりで可視化されるようになってしまいそれで「他所には来てる」「うちには来ない」「感想をもらうためのツールを設置したのに来ない」「感想を送るためのツールが見当たらないので送れない」などなどがわかりやすくなったのも一因なんじゃないのと思っています。

 

感想、いる側としては「製作したものを読んだいう反応が欲しい」「製作したものについて語り合いたい」とか「製作したものが不快にならなかったかだけ教えて欲しい」だったりとかまあ「単純に褒められたい」とかなのかな。

わたしは二次創作の場合、「あの話の、あの彼のこういうところが好きで、こういった読み取り方ができると思って描いた、ので意見交換として感想をもらえると嬉しい」というのが大きいかな。あと単純に褒められるの大好きなので褒められると喜びます。

「あのキャラクターのこういうところが好きなんですよね〜、あっ伝わりましたか?よかった〜!あなたもそこがお好きなんですね!」

or

「あっ、あなたは逆に彼のこういった部分を大事にされているんですね?!そこは着目していませんでした、ふむふむ確かに…。もう一度そこを重点的に考えて見たいと思います、よい考察でした…!」

みたいな気持ちで同人誌を読んだり描いたりしているので同じように飛んでくると嬉しい。同人即売会を研究発表会か何かだと思っている節がありますね。

読書感想文みたいなところがあると思っています。同じ好きなものを見て、どうそれぞれ感じたかを他のひと越しに聴きたいし言いたい。なので感想もらえると嬉しいし、まあ頑張ってやってるので単純に「見たよ!」だけでも「頑張った甲斐ある!」と思えるので嬉しいです。まあ感想文なのでほかのものがなくても書くんですが…。テンションはあがる。

 

いらない側じゃないからいらない側の意見は聞いたことがあるものしかわからないんですけど、「感想でテンションを左右されたくない、自分の好きに書きたい」とか「自分がやっていることだから他人の意見はいらない」とか「他人の言葉で表されたくない」とかでしょうか。別に普段いらないけどまあもらえたらもらえたなりで嬉しいよ〜みたいな人もいますよね。自分の研究があり、他人は他人という感じなのかな。私からはとてもストイックで格好良く見える。

 

それも欲しい人の中でも「貰えない、見て貰えてないのか、だったら公開するのもやめたい」から「感想来なくても気にしないけど、貰えたら貰えたで嬉しい」とか、いらない人でも「本当に欲しくない、来たら筆を折る」みたいな人から「まあ普段左右されたくないからいらないけど、貰えたら貰えたでまあ嬉しいよ」くらいの人もいるので「感想送らないとやめちゃうぞ!!!!!!!!!!!!!!!!」は主語大きい主語大きい!!!!!!!待って待って!!!!ってなるんだけど「感想貰えたら励みになる」、レベルのひとが比率として多いからこそ「感想貰えたら頑張れる、感想ほしい、きっと他の人もそう、感想は送ろう!頑張れるから!」ってなっちゃうんだろうな〜と思います。も〜〜〜。他所は他所!うちはうち!

インターネットの話題、考えると8割型「主語が大きい〜〜〜他所は他所!うちはうち!あなたの問題はあなたの問題であり、あなたのフォロワーの問題ではない!」になっちゃうんですよね。多分だけどSNSって同じような趣味、考えのひとと交流することが多いじゃないですか。現実の人間関係と違って気の合う人間とのみ付き合えばいいんですから、まあ好意的な人間を多く集めてTLとかそういうものを形成する…と、そういうひとが多いんじゃないかと思います。そうなると気があう人間ばかりだから同調意見が多くなることもままあるわけです。まあ「Aジャンルが好きでBくんが好きな集まりでAやBについてよく喋っていて意見が一致して…」ってやつですよね。それがだんだん、一つの趣味嗜好だけではなく別の事象についても語ることが多くなり、だんだん様々な事で同調意見が多くなり、みんな同じようなことに似たような言及をして…だんだん自他の境界が薄れて来てフォロワーと自分の考えが一緒のような気になって、それで自分はこう思う、その上フォロワーにもそう思っている人が多い、ということは◯◯は皆こう思っているはず!!みたいな…そういうふうに無意識で考えてしまうことがあるんじゃないかな…。

字書きは皆〜とか絵描きは皆〜とか同人作家は皆〜…みたいな…そういう…。

そしてその同調意見の集まりを抜けて反対意見の場所にまで言及され論争に…なるんでしょうね…。自分は〜で済めば反対意見の人も「まあそういうひともいるでしょう」になるのを主語が大きいから「全員そう思ってるわけではない!」になっちゃうんだろうね…。というか同調意見の集まりのなかにいくとどんどん話が過激になったり身内ノリがひどくなったりして後から困ることがでたりするから…。あの…。インターネット、見ようと思えば誰でも見られることを忘れないようにしよう。

主語の大きさ、気をつけたいね。

自分をしっかり持ち、他所は他所と割り切り、気を大きくしすぎず強い言葉を使わないようにしたいですね。これはわたしの今後の目標ということで。

 

以上。